スタッフブログ

スタッフブログ

東京支店で勤務しているスタッフのブログです。

スタッフブログ

トイレの角にタンクがある場合のリフォーム

みなさん、こんにちは。栗原です。

トイレの角にタンクがある場合の事例をご紹介します。

 

 

 

 

角にタンクがあるトイレを『隅付型便器』と言い、

築年数の長いお宅などでは、今でも見かけることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、工事ご依頼いただいたお客様のお宅も、

実に長い年数、この隅付式便器をお使いいただいており、

リフォームをすることになりました。

 

 

 

 

 

この隅付式便器からの交換する際の注意点ですが、

給水の位置が高いところにあり、

新しいトイレの標準の給水ホースでは届かず、

給水の接続ができない!ということがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

その場合は通常の給水ホースが接続できる範囲まで、

部材を使用して下げる必要があります。

給水が横の壁であれば良いのですが、

後ろの壁にあった場合はタンク後方に干渉しないようにしなければいけません。

トイレ前方の空間にゆとりがあれば、

便器を前に出して取り付けるという選択もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タンクを外すと壁にビスの固定跡が残るので、

壁紙と床の内装張り替えも行いました。

やはり内装工事も合わせて行った方が、

スッキリとキレイに仕上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回採用したトイレは、

TOTO ウォシュレット一体型便器GGです。

ローシルエットが特徴のタンク式トイレになります。

お客様からのご要望で、手すりも付けさせていただきました。

 

 

 

 

工事をご依頼いただいたお客様、ありがとうございました!

リフォームの事でお困りではありませんか?お気軽にお電話ください。